紅葉の子


ふと目をやると
もみじの枝が ほのかに赤く 色づいていた
その枝の先の方は はっきりと 色づいていた

おばあちゃん家で一番輝いている紅葉の子
双葉の頃に我が家に来し3株 否、三本
立派に育ってる

この変化に気づけたのは きっと
あの子達が私に 気づいて欲しかったからだろう

その気配を肌に感じ 秋になり
紅葉の季節が刻一刻と近づいて
この子達もまた 生きているのだと気付き
慶びが 心に湧き出てくるのを感じる
[PR]
by misuzu0223 | 2006-09-21 17:20 | 日記
<< オトシンちゃんは1匹に 未来に広い世界を >>